読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き出しの中のメモ帳

邪眼と書いてよこしままなこと読め(((命令形

めし!メシ!飯!

飲食物 アニメ・マンガ 紹介

 ようようよう!! 邪眼だZE☆!!

 

 うん。我ながら良く分からないテンションだ。

 

 早速だが私の仲間内でめしブログが流行っているので今日は飯テロを行う。

 心して読むように。

 

 まずは昨晩食べたポメの樹というお店のオムライス。

 

 茄子ときのこのトマトソースオムライスだ!!

 

f:id:yokosimamanako:20151213234039j:plain

 

 どうだ、うまそうだろ。うまかったぞ。

 

 何で食べかけなのかというと食べ始めてから写真撮り忘れたことに気がついたからだ。

 汚いな。わかる。後悔している。くっそー。

 

 

 次だ。

 私のバイト先モスバーガーにて仕事後に自腹を切って食べたのがこちら。

 

f:id:yokosimamanako:20151213234025j:plain

 とびきりハンバーグサンド「傑作ベーコン」スライスチーズ入り

 

 これはやばかった。

 仲間内ではとびきりチーズの事をあまりの旨さ故に袋に残ったソースを舐め上げるほどまでに理性を失う物として「とびきり脱法チーズ」なんて呼んばれていたがそれよりも更に一段上の旨さだった。

 

 厚切りベーコンとチーズの合わせ技……つよい……。

 

 このバーガーだけでも580円とか言うそこら辺のファミレス一食分よりも高い値段だったというのに私は袋に残ったソースがあまりにももったいなく思えたために更に220円のポテトを頼んでしまった。

 

 計800円。

 

 な、なんて恐ろしい食べ物だったんだ……。

 

 まあ滅茶苦茶美味しかったので800円払うだけの価値はあったと思っている。

 ほんとに美味い。

 

 

 今日は忙しかったせいで全く絵をかけていない。

 

 ……ってかやらなきゃいかんこと全く消化出来てないんだよなあこれが。

 

 

 そういえば、昨日私は先月分の給料を引き出しましてね。

 さっそくそれを漫画につぎ込んだわけです。

 ええ。

 

 今まで小遣い0円だったのでお年玉の残量なんかを考えながら買わないといけなかったのですが、今はアルバイトを始めたので結構自由に欲しい本が買えるのメッチャ嬉しいです。

 

 さて、今回私が買った漫画はこちら。

 

 

 ゴールデンカムイの1~3巻、そしてダンジョン飯の1~2巻です。

 知ってる人は知ってると思うのですがこの二つの漫画、ものの見事に飯漫画です。

(しかもゲテモノ←失礼)

 

 いえ、ゴールデンカムイは飯メインではないんですが飯が見どころの一つでもあるので飯漫画ってことでひとつ。

 

 ええ、題名にカムイとつくことからも分かるようにこの話の舞台は北海道であり、アイヌ民族が関わってきます。

 

 つまり料理とはアイヌジビエ料理です。

 リスの脳みそとか生で喰ったりします。

 いきなり出されたらドン引きまちがいなしですが腹をくくった状態なら食べてみたくないこともないです。

 むしろ食べてみたいかも知れない。いや、やっぱ覚悟がいるわ。うん。

 これを食べてる最中の主人公の顔芸は一見の価値ありです。

 

 ゴールデンカムイの時代設定はは日露戦争直後。

 主人公は金(きん)を求めて北海道へやってきた戦争帰りの元兵隊、あまりの活躍っぷりに不死身の二つ名を付けられた男です。

 いい感じに日本男子でメッチャ好みです。

 色々とあってアイヌの少女と一緒にとある刺青を入れた囚人たちを探すことになります。

 

 感想は取り敢えず飯が美味そうだったのと、顔芸面白かったのと、杉本(主人公)がかっこかわいいことと、時々結構グロいシーンがあるなあって感じです。

 

 最近男キャラがどんなんでも可愛く感じるのちょっとやばいな……?

 

 

 でもって次はダンジョン飯。

 なんてことはない、こちらはもう題名からして飯だ。飯がメインだ。

 ただし材料はダンジョンに生息する魔物だ。

 

 歩くキノコ、スライム、人喰い植物、毒サソリ、動く鎧、なんでもござれのオンパレード。

 

 うん、明らかにゲテモノだ。

 

 でもなんかゲテモノ料理って興味惹かれない? 食べてみたくない?

 え、そんなこと無い? ……またまた~~~。

 

 はい、私実は結構怖いもの見たさというか美味いなら変なものでも食べてみたいタイプの人です。

 ジビエ料理店とか一回行ってみたいなあ、ってずっと思ってるんですけどそんなの機会なきゃなかなか行けませんよねえ。

 

 今日はこれ以上書くこともないのでコレで終わります。

 おやすみなさい。